医療レーザー脱毛の永久脱毛とサロン脱毛の原理

医療機関での医療レーザー脱毛と、脱毛専門サロンでする脱毛の施術といいますのは、そもそもの原理としては違いはないです。

サロンも医療レーザー脱毛であっても、目指すのは黒い色素であって、レーザーも光も黒色や茶色の色素へと反応する光が使われています。だから毛をなくしたいと希望をするところの肌に、それぞれの機器で照射すると、光は毛の黒い色素に対して、反応することになります。光やレーザーで反応をしたら、熱を集中させることになるので、毛の組織は破壊をされていくことになります。ここでサロンで履く医療レーザー脱毛の場合ですと、毛乳頭と毛根がパワフルに破壊されます。レーザーで毛根破壊がされたムダ毛は、しばらくして14日もしないうちに、するすると抜けて落ちることになります。

それはその部分お毛の再生を破壊によってされたためのことであり、照射部位の毛穴よりは、もはや新しい毛は顔を出すことがありません。医療レーザー脱毛の機器の処理に関しましては、毛乳頭への破壊行為という危険な行為にもなるので、医療行為のカテゴリーの扱いです。

サロンケアの範囲ではなくて、お医者さんがいつもいる病院でできる、脱毛の方法ということになります。サロン利用の機器申しますのは、レーザー機器よりも出せる力が弱いものです。ある程度のダメージを、毛乳頭に与える事ができるために、毛は少なくなって行きます。ただエステでは破壊色がないので、処理をしたあとも、ひょっこりと毛が顔を出すことがあります。サロン処理をしても、毛は生えてきても、それはまったくもってアメージングなことではありません。完全に破壊することはできないものの、毛は少なくなりますし安いので、サロン脱毛はあまりお金をかけたくない人に向きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *