医療レーザー脱毛の原理とその痛みへの対象法とは?

日頃の生活の中で自らの美を追究しようと心を配っている人は多いものです。

特にムダ毛のケアに関しては自己処理もかなり煩わしいことから誰もが苦慮してしまうことでしょう。また、仕事や子育て、家事の合間を縫ってケアの時間を捻出するのもかなり厄介です。

もしもこういった手間暇から解放されて、できるだけ効率の良い脱毛を行いたいのであれば、クリニックの医療レーザー脱毛を試してみると良いでしょう。皮膚科や美容クリニックなどで受けることのできる医療レーザー脱毛の原理は、エステのレーザーやフラッシュ施術とほぼ変わりがありません。まずは機器から照射されるレーザーが皮膚を透過して、毛穴奥にある毛根が含むメラニン色素と反応することで急激に温度を上昇させ、その反動によって毛根を破壊してしまうのです。

医療レーザー脱毛の場合、エステのレーザーに比べるとそれが医療行為であることから、レーザーの出力も高く脱毛効果に関しても極めて高いものとなり、長期間にわたって新たなムダ毛が生えない状態を維持することができるでしょう。ただし、医療レーザー脱毛では施術中に痛みが生じる場合もあります。毛根が弾けるたびに輪ゴムで弾いたような痛みが生じ、これが苦手な人にとっては苦痛になることもあるでしょう。

もしも我慢できないようであればすぐに医師や脱毛士に伝えることで沈痛クリームを塗ったり、患部をこまめに冷やすなどのケアを行ってもらうことができます。また最近の最新式医療レーザー脱毛機では、照射と同時に患部を冷却するという機能も付いており、これによって従来の施術中の痛みを大きく改善できるようになってきています。もしも痛みん関して不安のある人はこういった最新機種の導入実績を確認した上でどこのクリニックを受診するか決めると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *