銀座で多汗症を治療したい

汗は夏になると誰もがかくものですが、多汗症はその量が非常に多く、手のひらや足の裏もびっしょりになる男性も少なくありません。

多汗症で悩んでいる人は人口の約3%ほどいると考えられています。人は汗腺から汗をかきますが、この数が多いほど多汗症になりやすいと言われています。銀座のクリニックを利用すれば、このように多い汗腺をケアする治療が受けられます。銀座のクリニックでは、主に4つの方法でケアすることができるので、自分の症状にあわせて選べるのが大きな魅力です。

ボトックス注射法はアンチエイジングケアで使用されているボトックスを、両ワキに注射することで汗をかきにくくできる治療方法です。約5分ほどで治療が終了するうえに、効果も半年から1年ほどキープできるので、仕事が忙しい銀座の男性も気軽にチャレンジできるの大きなメリットと言えます。Wトリミング法は汗腺を削って、吸引する治療方法です。ワキを切開し、ストロー状の器具を挿入し、汗腺を吸引していきます。

汗腺そのものを取り除くことができるので、ボトックス注射よりも高い効果が期待できます。シェービング法もWトリミング法と同様に汗腺を取り除くケアですが、より多くの汗腺を切書できるのが特徴です。そのため、症状が重い男性も一度の施術で多汗症を抑えることが期待できます。直視下コンプリート法は、ワキを3センチほど切開し、目視しながら汗腺を取り除くケアです。一度で広範囲を治療することができるのがメリットですが、体にかかる負担も大きくなるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *