大人ニキビの大敵である揺らぎ肌を改善

冬から春にかけては肌が揺らぎやすいときで、大人ニキビの原因もこの揺らぎ肌にあることもあります。

乾燥でがさついたり、ヒリついたり、季節の変わり目はお肌が敏感になるのです。肌表面を保護している角層の皮脂や水分は大気が乾燥する冬から春にかけては特に、低下しがちになります。角質内の細胞間脂質も減少すると角層がスカスカ状態になるので、いろいろな刺激が入りやすくなっているのです。そのような状態で、洗いすぎによる物理的な刺激や、体調の変化などが加わると症状が悪化し、悪循環に陥るためニキビもできやすくなります。

また、お肌が敏感になるのはタンパク質不足のせいで、食物から取り入れたタンパク質の優先順位は皮膚が最後なのです。そして、肌のバリア機能は皮脂から形成されますが、食事などで油が足りていないとそれも出てこなくなります。自律神経を司る脳も半分以上脂でできているので、脂が不足すると自律神経も乱れ、結果、敏感肌やアレルギーを起こしやすくなるのです。このような状況でニキビができたからといって、とにかく油分を削ることに集中しすぎると悪化のもとになります。

そのため、スキンケア用品は肌をなだめて炎症を抑えつつ、ニキビを繰り返さないような専用コスメを選択するのです。芯が残った状態だと繰り返し同じところにできてしまうので、毛穴のつまりを抑制して毛穴を充分に潤すうえ、抗炎症効果を届ける成分を配合のものや炎症のもとになる遊離脂肪酸の発生を防げるもの、ナチュラル系のコスメで肌を鎮静化させながら、栄養分を補給してくれるものを選んでいくと揺らぎやすい肌を健全に導いてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *