医療でできる美白とは?

いま美白について関心を持たれている方がとても多いです。

そもそも、美という者に対しての関心も高まっている時代ですので、医療の力を使い美肌を作っていくということも注目されています。そこで美白を考えたときに、まずはシミ、そばかす、くすみがない肌をどうやって作っていくかということになりますが、予防から入っていきましょう。日焼け止めを使って紫外線対策をしたり、美白ラインの化粧品を使うことも大事です。

それによってシミなどの予防をすることができます。しかし、もしシミそばかすができてしまっているという時には、化粧品では目に見えた効果というのはあらわれづらいといわれています。ですから、医療の手を使いましょう。美容皮膚科、美容外科などで施術を行うことができます。たとえば、ハイドロキノンやレチノイン酸を使い、シミを漂白していきます。痛みも全くありませんし、期間はある程度かかりますが効果があります。

美容皮膚科の医療としては、レーザーなどもすることができます。レーザーは少々痛みを感じることもありますが、麻酔を使うレベルの痛みではありません。新しい皮膚を再生していくこともできますし、内側からメラニン色素を排除させる効果もありますので、シミは消えたり薄くしたりすることができます。また、インナーコスメなども併用していくことで、さらに効果があがります。ビタミンCやビタミンEなどを飲むことで内側からもケアすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *